表書き・水引の基本
表書きの書き方
心をこめて萎縮せずのびのびと書くことが大事です。
字の下手、上手よりも、全体のバランスが美しい仕上がりのポイント。
字くばりに注意して書きましょう。慶事は墨色を濃く、弔事は薄墨で書きます。
水引、袋の中心を結ぶ線に沿って書きます。上段は大きく堂々と。文字数が少ないときは字間をあけて書きます。下段の氏名は上段よりやや小さめに。文字数が多いときは、字をやや横長に書くとバランスよくおさまります。
上包みのマナー
上包みの内側、水引より下左肩に住所を書きます。二行か長いときは三行になってもかまいません。
中袋のマナー

中袋の表中央に金額を書きます。漢数字でも算用数字でもかまいません。

弔事などで不特定多数の人が現金を贈る場合は、中袋の裏の住所欄に住所、氏名を書きます。欄がないときは左に寄せて書きます。慶事や、直接相手に渡すようなときは不用です。住所を書くのは香典の場合が殆どで、その他は贈り主の範囲が分かっているから必要ありません。
水引の種類
水引の主な結び方には「結び切り」と「蝶結び」があります。
「結び切り」は二度とあってはならない結婚祝い、弔事、病気見舞い、災害見舞いなどに使います。
「蝶結び」は何度あってもいいお祝い事や一般贈答に使います。
水引の本数は、災害見舞いやご祝儀(チップ)には五本。少していねいな贈りものには七本を使うことも。結婚に関するお祝いは十本を使います。
また弔事の場合、水引の色は神式では白一色とします。神式以外では、関東などの東のほうは黒白ですが、中部、関西から西は、法事などの折は黄白、または青白を使う地方もあります。
■ ■ ■
結婚・出産祝い
    体裁
目的    
贈るとき
お返しのとき
表書き
水引
表書き
水引
結婚する本人
へのお祝い
寿、御祝、祝御結婚、御結婚御祝 紅白または、
金銀十本結び切り
内祝
※新姓名、連名で…。
紅白十本結び切り
結婚披露宴引出物
寿 紅白十本結び切り

仲人へのお礼
御礼、寿 紅白十本(七本、九本も可)結び切り

結婚式でお世話に
なる人への心付け
御祝儀、寿 紅白十本(七本、九本も可)結び切り

新郎・新婦、実家
などへの挨拶品
寿、御土産、
おみやげ
紅白十本(七本、九本も可)結び切り

帯祝い
御祝、御帯祝、戌 紅白五本蝶結び 着帯内祝、帯掛内祝、内祝 紅白五本蝶結び
出産祝い
御祝、御出産祝、
祝御出産、祝御安産
紅白・赤金五本蝶結び 内祝、出産内祝
※名前は子どもの名
紅白五本蝶結び
実家から
祝着を贈る
御初衣、御初着 紅白五本蝶結び

結婚する本人へのお祝い
結婚する本人へのお祝い
結婚式の引出物
帯祝い
出産のお祝い
■ ■ ■
子どもの祝い事
    体裁
目的    
贈るとき
お返しのとき
表書き
水引
表書き
水引
お七夜のお祝い
祝御七夜 紅白五本蝶結び
 
名づけ親
へのお礼
命名御礼、御礼 紅白五本蝶結び

お宮参りの
お祝い
祝御宮参り 紅白五本蝶結び

神社へのお礼
初穂料、玉串料、
祈祷料
紅白五本蝶結び

お食い初め
のお祝い
御初膳料 紅白五本蝶結び

初節句
のお祝い
御祝、祝御初節句 紅白五本蝶結び
※リボン掛けでもよい
内祝、初節句内祝 紅白五本蝶結び
七・五・三
のお祝い
御祝、祝七五三 紅白五本蝶結び 内祝 紅白五本蝶結び
入園・入学
のお祝い
御祝、祝御入学 紅白五本蝶結び
※リボン掛けでもよい
内祝、入学内祝
※礼状だけでも可
紅白五本蝶結び
卒業のお祝い
御祝、祝御卒業 紅白五本蝶結び
※リボン掛けでもよい
内祝
※本人から礼状を出すこと
紅白五本蝶結び
就職のお祝い
御祝、祝御就職 紅白五本蝶結び
※リボン掛けでもよい
内祝
※本人から礼状、近況報告する
紅白五本蝶結び
成人のお祝い
御祝、祝御成人 紅白五本蝶結び
※リボン掛けでもよい
内祝
※特にお返しの必要なし、お礼のあいさつは必要
紅白五本蝶結び
初節句のお祝い
七五三のお祝い
初穂料
七五三の内祝
入学のお祝い
成人のお祝い
■ ■ ■
人生の祝い事
    体裁
目的    
贈るとき
お返しのとき
表書き
水引
表書き
水引
長寿のお祝い
寿、祝還暦、祝古稀、
祝喜寿、祝傘寿、
祝米寿など…。
紅白または金銀五本
または七本蝶結び
内祝、○寿内祝
※贈り主名に年齢をそえる
紅白五本蝶結び
結婚記念日
のお祝い
御祝、寿、祝○婚
(祝銀婚式、祝金婚式ほか)
紅白または金銀五本
または七本蝶結び
内祝、○婚内祝
※名前は夫婦連名
紅白五本蝶結び
厄年
厄除御祝、厄祝 紅白五本蝶結び 厄内祝、厄 紅白五本蝶結び
上棟式のお祝い
祝御上棟、祝上棟式 紅白五本蝶結び 上棟記念、内祝 紅白五本蝶結び
新築・増改築
のお祝い
御祝、祝御新築、
祝御増築
紅白五本蝶結び 内祝 紅白五本蝶結び
マンション購入
のお祝い
祝御新居、御新居祝 紅白五本蝶結び 内祝 紅白五本蝶結び
工事関係者へ
の心付け
御祝儀 紅白五本蝶結び

神社へのお礼
御祭祀料、御礼 紅白五本蝶結び

神社・寺の完成・改修のお祝い
落慶記念、御祝 紅白五本蝶結び

開店・開業
のお祝い
御祝、
祝御開店(業)
紅白または金銀五本
蝶結び
内祝、開店記念 紅白五本蝶結び
赤一本
チップ
御祝儀 紅白五本蝶結び

御祝儀
御祝儀 紅白五本蝶結び

還暦のお祝い
銀婚式のお祝い
新築のお祝い


新築の内祝い


■ ■ ■
季節の贈答
    体裁
目的    
贈るとき
お返しのとき
表書き
水引
表書き
水引
年賀
お年賀、謹賀新年 紅白五本蝶結び

お年玉
お年玉 紅白五本蝶結び
紅一本棒


中元・歳暮
お中元・お歳暮 紅白五本蝶結び ※お礼状を送る
誕生日のお祝い
御祝、祝誕生、
またはバースデイカードを添えてリボン掛けを…。
紅白五本蝶結び ※頂いた人の誕生日にプレゼントする 紅白五本蝶結び
※リボン掛け
母の日のお祝い
お母さんありがとう、感謝 紅白五本蝶結び

父の日のお祝い
お父さんありがとう、感謝 紅白五本蝶結び

年賀
お年玉
お中元


母の日


■ ■ ■
お見舞い・送別
    体裁
目的    
贈るとき
お返しのとき
表書き
水引
表書き
水引
病気
御見舞、お慰め、
お寝間着料
紅白五本蝶結び
(地方によっては結び切り) または
白無地に表書き
快気内祝
御見舞御礼
(全快しない場合)
謝お見舞
(全快しない場合)
紅白五本結び切りか、赤一本
事故
御見舞、お慰め 紅白結び切りか、
白無地に表書き
御見舞御礼、謝御見舞 紅白五本結び切りか、赤一本
火事
御見舞 短冊のみ、現金は
白封筒で
不要
※落ちついたらお礼と報告を

災害
お見舞 短冊のみ、現金は
白封筒で
御礼、
寸志
(ただし目下の人に)
しなくてもよいが、するなら紅白五本結び切り
引越し
御餞別、おはなむけ 紅白結び切り

引越しの
挨拶回り
粗品、お近づき 紅白五本蝶結び

定年
御餞別、おはなむけ 紅白結び切り 御礼、粗品、記念、寿 紅白五本蝶結び
旅行
御餞別、おはなむけ 紅白蝶結び おみやげ 紅白五本蝶結び
病気のお見舞い
快気祝い
御餞別
■ ■ ■
弔事
    体裁
目的    
贈るとき
お返しのとき
表書き
水引
表書き
水引
長お寺・僧侶へ
のお礼
御布施、御回向料 ※白封筒

結神社・神職へ
のお礼
御祭祀料、御礼 ※白封筒

神父・牧師へのお礼
献金、記念献金、御礼 ※白封筒

僧侶、神職、牧師などへのもてなしに代えて
酒肴料、御食事料、
御膳料
※白封筒

戒名を付けてもらったお礼
御布施、御礼 ※白封筒

葬儀、法要など手伝ってもらった人へのお礼
志、御礼、報謝 黒白結び切り
※白封筒


通夜に飲食物
を届ける
御通夜見舞、御寂見舞 黒白結び切り





仏式
御霊前、御香料、御供 黒白または双銀結び切り、のしなし 志、満中陰志、粗供養
※名前は喪家の姓
黒白、黄白結び切り、のしなし
神式
御霊前、御玉串料、
御榊料
白または銀結び切り。のしなし 志、今日志、偲び草
※名前は喪家の姓
黒白、黄白結び切り、のしなし
キリスト教
御花料、御霊前 黒白結び切り。品物には黒白リボン掛け 志、召天記念 しなくてもよいが、するなら黒白、黄白結び切り




仏式
御仏前、御供物料、
御供物、御香料
黒白、黄白結び切り、のしなし 志、粗供養、○○○忌志
※名前は施主名
黒白、黄白結び切り
初盆
(仏式)
御仏前、御供 黄白、青白結び切り、のしなし 志、粗供養
※名前は施主名
黒白、黄白結び切り
神式
御玉串料、奉献
御榊料
白結び切り 志、○日祭志
※名前は施主名
黒白、黄白結び切り
キリスト教
御花料 黒白結び切り。品物には黒白、青白リボン掛け しなくてもよいが、するなら黒白、黄白結び切り
葬儀(全般)
香典(仏式)
御花料(キリスト教)

霊前に供える品物に
宗教を問わず全般のお返しに